エンパイア777の登録前にオンラインカジノについて学びましょう

オンラインカジノについて知りたくないですか?

「オンラインカジノ」という言葉が、ネットを中心によく耳にするようになりました。
カジノの文化はもともと日本にないので、「なんだかちょっと怪しい…」と思う方もいるかもしれません。
もちろんこうやってエンパイア777の紹介をしているわけですから、
「オンラインカジノ」は怪しいものではありません!

オンラインカジノはどのような仕組みで経営されているのか

オンラインカジノは運営会社、決済会社、ソフト開発企業によって運営されている!

運営会社とは

オンラインカジノにおける運営会社は、プレイヤーにカジノゲームなどを提供する会社のことをさします。

アカウント登録の手続きなど、プレイヤーと関わる機械が多いです。

ソフト開発企業とは

そして、プレイヤーが使うカジノゲームを開発しているのはソフト開発企業です。
オンラインカジノにゲームを提供する会社のことですね。
有名なソフト開発会社の一例

  • Microgaming
  • Cryptologic
  • Playtech
  • NETENT
  • AsiaGaming

など。

決済会社とは

プレイヤーが支払うお金や運営会社がプレイヤーに払うお金を管理するのが
クレジット会社や電子決済サービスなどの決済会社です。
オンラインカジノ内のお金の取引を仲介しているというわけですね。

安全なオンラインカジノはライセンスを取得している!

オンラインカジノ運営会社もソフト開発企業も、国から指定されたというライセンスを取得すること、
そして第三者機関からの厳しい審査を受け、合格することで、はじめてそこが安全なものだと認められます。
オンラインカジノ運営元は
ライセンスは主にジブラルタル、マン島、マルタなどの政府から発行されます。
運営企業の今までの活動、会社がどのように資金を使ってきたか、利用するゲームソフトウェアが公平なものなのか
厳しく、そして徹底的に調査を通過した会社だけにライセンスを発行しません。
なので限られた会社だけしか取得することがありません。
ちなみに、エンパイア777はフィリピン政府のライセンスを得ています。
フィリピンは東南アジアでも有名なカジノ大国で有名な国です。

第三者機関とはなにか

オンラインカジノで代表的な監査監督をする機関は下記の2つが最も有名です。

第三者機関はオンラインカジノが安心安全にプレイできるものか審査をする機関です。
オンラインカジノを運営する会社の安全性が高いプレイができるかどうか、また会社の財務の状況の様子を調べたり
プレイヤーが受けることになるカスタマーサービスは充実しているのか、などかなり細かい審査をします。
第三者機関には代表的な会社があります。

例:

eCOGRA

TST (Technical Systems Testing)

 

オンラインカジノの運営会社には日本の上場企業も関わっている!?

ソフトバンク、ドコモなどの有名企業もオンラインカジノ運営会社にひっそりと出資しています。
アメーバやモバゲーなども、カジノゲームを提供したりしています。
日本でのカジノ合法化の様子をみながら様々な企業が動き出しているようです。
カジノ文化がない日本でもオンラインカジノが今注目を帯びていることから、

今後のオンラインカジノ界から目が離せない状況になっています。

悪徳オンラインカジノに気を付けよう!

様々な運営会社がオンラインカジノを運営しています。
安全な会社もあれば、悪質な詐欺まがいのことも行う会社もあるので、
プレイする前にそこの会社の評判を自身で調べる必要があります。
アカウント登録やプレイを行う前に、しっかりと基礎知識をつけることも大事です。